カナダの愛国心(Putting Britain to shame)について | 正しい歴史認識を学ぶために
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

カナダの愛国心(Putting Britain to shame)について

カナダの愛国心(Putting Britain to shame)
カナダの愛国心(Putting Britain to shame)以前テキサス親父が紹介していた動画です。日本語訳した物が無かったので投稿しました 。 英語は苦手なので細かい誤訳はご容赦下さい。(イギリスBNP提供) カナダ人の勇敢にも戦死した軍人を、空港から自宅に送り届ける途中で見た光景とは・・ ・。 イギリスでは愛国心を失ってしまった人が沢山居るそうです。世界の先進国である...


愛国心
愛国心価格:¥ 1,680




関連記事
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。