たかじんさん 逝ってしまったなぁ・・・ | 正しい歴史認識を学ぶために
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

たかじんさん 逝ってしまったなぁ・・・


たかじんさんが逝った・・・



人間性はともかく歯に衣着せぬその司会ぶりに痛快さを感じたのは私だけではないはず。



右でも左でもなく つまり影響を受けることなくいつも自分中心のコメントを貫いていた。

小倉氏がなぜ東京ではあのようにできないのかとかいっていましたね



自分がそうしないからでしょう



ほかに彼のような仕事ができる人は詣でてこないかも知れません



さびしい限りです

歌手でタレントのやしきたかじん(本名:家鋪隆仁)さんが3日に亡くなったことを受け、タレントの大竹まことが、8日に放送された文化放送のラジオ番組『大竹まこと ゴールデンラジオ!』(毎週月~金 13:00~15:30)で、やしきたかじんさんを偲んだ。

64歳で亡くなったやしきたかじんさん

複数のレギュラー番組の収録のため、16年ほど毎週大阪に通っていたという大竹。その時にやしきさんと共演していたことに触れ、「親分肌で、お金の使い方も半端じゃなかった。絶対人にはお金を払わせない人でした」と振り返った。

また、大阪の夜の街で、親しげに近づいてきた若い女性に「たっかじーん」と声を掛けられたエピソードを披露すると、「上岡(龍太郎)さんとたかじんさんと僕の顔は系統が似てるんだろうね」。

「最後は親分肌の『大竹君~!』みたいなたかじんさんと、一人端っこの方に立っている男の私とは、仲間意識みたいなところでは、ちょっと違うところもあった」と明かしつつ、「でもよくしていただいたことは昨日のことのように覚えています。ご冥福をお祈りいたします」と故人を偲んだ。

関連記事
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。