"外国人入国者"、初の1000万人突破--訪日に割安感、新規入国者の1位は韓国 | マイナビニュース | 正しい歴史認識を学ぶために
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

"外国人入国者"、初の1000万人突破--訪日に割安感、新規入国者の1位は韓国 | マイナビニュース

日本をあれだけ攻撃しておきながら 何でやって来るの??





来るものは拒まずなんていってないでそろそろ入局制限したほうがいいよな!



福沢諭吉先生のおっしゃるとおり隣国に希望なし 関係を遮断し日本は友好国との絆を深めるべし!


法務省入国管理局は9日、2013年の出入国者数の速報値を発表した。それによると、2013年の外国人入国者数(再入国者数を含む)は前年比約208万人(約22.7%)増の約1,125万人となり、過去最高を記録した。1,000万人を上回ったのは初めて。

再入国者数を除いた新規入国者数についても、前年比約200万人(約26.5%)増の約955万人と、過去最多を更新した。

増加要因としては、円高の是正を背景とした訪日旅行の割安感や、ASEAN諸国に対する査証発給要件の緩和などが、観光客の増加を促したと分析している。

国籍・地域別の新規入国者数を見ると、韓国が最も多く約231万人。以下、台湾が約217万人、中国が約98万人、米国が約74万人、中国(香港)が約72万人と続いた。また、ASEAN諸国からはタイ(約44万人)が6位に、マレーシア(約17万人)が10位にランクインした。

国籍・地域別(上位10カ国・地域)新規入国者数の推移(出典:法務省Webサイト)

空海港での寄港地上陸許可数は約7万6,000人と、前年の13万7,000人より約6万1,000人(約44.2%)減少した。

日本人出国者数は約1,747万人と、前年に比べて約102万人(約5.5%)減少した。理由としては、過去最高水準の円高から円安傾向に転じたことなどが影響したと推測している。

関連記事
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。