慰安婦問題の「主犯」は福島瑞穂弁護士 | 正しい歴史認識を学ぶために
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

慰安婦問題の「主犯」は福島瑞穂弁護士

石原都知事は社民党党首である福島瑞穂氏をうっかり在日朝鮮­人と 真実を言ってしまった。怒った福島氏は「私は在日朝鮮人ではあり­ま せん。名誉毀損で訴えると言っていましたが、一向に訴えた形跡が­あり ません。訴えると「やぶ蛇」になるからです。 自身の出自も公表していません。名誉毀損の法律には「ただし、公­共の利害に関する 事実に関係することを,専ら公益目的で摘示した場合、名誉を毀損­する に至った場合には、その事実が真実であると証明できた場合は処罰­され ない」(230条の2第1項)と書かれています。
だから元弁護士の福島瑞穂は石原氏を名誉毀損で訴えることが出来­なかっ たのです。

趙春花(福島瑞穂)やはり朝鮮人の血は拭えないんだろうな・・・
朝鮮人としての血が嘘をつきたくて騒ぐのでしょうね


関連記事
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。