薄熙来の電話録音「臓器狩りは江沢民の指示」 | 正しい歴史認識を学ぶために
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

薄熙来の電話録音「臓器狩りは江沢民の指示」

山東省済南中級裁判所で行われた薄熙来元­重慶市トップの初公判が幕を閉じました。海外の人権弁護士は、薄被告が犯した最も重大­な罪である"法輪功学習者からの生体臓器狩り"などの人道に対する罪が当局によって意­図的に回避されていると非難しています。

8月27日、アメリカニューヨークに本部を置く大紀元時報が、独自の情報筋から200­6年9月13日に録られた薄熙来の通話録音を入手しました。当時商務部長だった薄熙来­は、ドイツ訪問中に中国駐ドイツ大使館の一等秘書官との通話の中で、法輪功学習者から­の生体臓器狩りは江沢民の指示で行われていたことを認めています。



関連記事
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。